国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 E問題 58 難易度A

72 歳の男性。繰り返す右上下肢の脱力発作を主訴に来院した。糖尿病、高血圧症および脂質異常症に対して内服治療中である。神系学的診察で異常を認めない。左頸部で血管雑音を聴取する。頭部 MRI で明らかな脳梗塞を認めない。左総頸動脈造影像(別冊 No. 13)を別に示す。
治療法で適切なのはどれか。2 つ選べ。
a 動脈塞栓術
b 血栓溶解療法
c 動脈瘤塞栓術
d 頸動脈内膜剝離術
e 頸動脈ステント留置術
E-58 15
























  

d 頸動脈内膜剝離術 e 頸動脈ステント留置術

診断:TIA 左内頚動脈狭窄症

頸動脈狭窄症に対しては内科治療の他には解答の2治療法。頚動脈ステント留置術(CAS)は、頸動脈内膜剥離術(CEA)のハイリスク群に対して行われる。CASの適応については、重症の心疾患肺疾患、高齢者、同部位が内膜剥離術後など。

▶共通の主な合併症としては
過灌流症候群(CHS;Cerebral hyperperfusion syndrome)
▶頸動脈内膜剥離術(CEA)に多い合併症としては
神経損傷(舌下、上咽、迷走)