国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 E問題 51 難易度A

65 歳の男性。咳と労作時の息切れとを主訴に来院した。1 年前に咳嗽と喀痰とを訴え来院し、右下葉の原発性肺癌と診断された。手術適応がなかったため、抗悪性腫瘍薬による化学療法を施行後、根治を目的に放射線治療を行った。照射終了後 6週目に、咳嗽と労作時の息切れとを自覚し受診した。※※は 20 本/日を 45 年間。
意識は清明。身長 165 cm、体重 72 kg。体温 36.5 ℃。呼吸数 16/分。SpO2 84 %(room air)。右胸部にfine cracklesを聴取する。
血液所見:赤血球456万、Hb 13.3 g/dl、Ht 40 %、白血球 10,800(桿状核好中球 9 %、分葉核好中球 67 %、好酸球 1 %、好塩基球 1 %、単球 10 %、リンパ球 12 %)、血小板 35 万。CRP 9.2 mg/dl。
胸部エックス線写真(別冊 No.12A)と肺野条件の胸部単純 CT(別冊 No.12B)とを別に示す。
この病態について正しいのはどれか。
a 発症率は照射総線量に依存しない。
b 呼吸機能検査では閉塞性障害を呈する。
c 放射線照射開始直後に発症することが多い。
d 抗悪性腫瘍薬の併用は、この病態を増強しない。
e 特発性肺線維症の存在は、発症のリスクファクターである。
E-51.jpg
























  

e 特発性肺線維症の存在は、発症のリスクファクターである。

肺癌。化学療法/放射線治療後。照射後6週間で咳嗽と労作時の息切れ自覚。fine cracklesと炎症反応上昇あり。
胸部CTでスリガラス影あり。
診断:放射線肺炎

放射線照射治療から 半年以内に起こりやすい。
肺炎像は照射方向と範囲に一致。
境界は肺の構造と無関係に直線的に形成。
検査はSP-D KL-6など

参考ページ サイト外リンク:日本呼吸器学会 放射線肺炎