国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 E問題 47 難易度A

47 歳の女性。右耳漏を主訴に来院した。 5 年前から右耳の難聴を自覚しており、3 か月前から時々耳漏が出るようになった。耳痛はない。右鼓膜の写真(別冊 No. 10)を別に示す。検査所見として最も考えられるのはどれか。
a 垂直性眼振
b 右あぶみ骨筋反射陽性
c 右ティンパノグラム C 型
d 温度眼振検査で右半規管麻痺
e 純音聴力検査で右耳に気導骨導差あり
E-47 13
























  

e 純音聴力検査で右耳に気導骨導差あり

右耳漏、右難聴、右鼓膜の鼓膜緊張部に穿孔あり。
診断:慢性中耳炎
慢性中耳炎は伝音性難聴であり純音聴力検査で気道骨導差がみられる。

×a 垂直性眼振は中枢性病変により起こる
×b 右あぶみ骨筋反射は鼓膜穿孔があるため測定できない
×c 鼓膜穿孔がある場合にはティンパノグラムはB型
×d 慢性中耳炎で半規管麻痺は認めない