国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 E問題 46 難易度A

88 歳の女性。急に発症した右上下肢の麻痺を主訴に来院した。頭部 MRI で脳梗塞と診断された。入院後、脳梗塞の治療と経管栄養とを行っていた。時々嘔吐があり、むせることがあった。入院後 14 日から 37 ℃台の発熱があり、咳嗽もみられ、胸部エックス線写真では両側下肺優位の浸潤影を認めた。抗菌薬を投与したが奏効せず、呼吸不全で入院後 28 日に死亡した。死因や肺病変の診断を目的に病理解剖を行った。
病理解剖の肺組織の H-E 染色標本(別冊 No. 9A、B)を別に示す。
診断として最も考えられるのはどれか。
a 肺水腫
b 肺腺癌
c 嚥下性肺炎
d 気管支拡張症
e 特発性肺線維症
E-46.jpg
























  

c 嚥下性肺炎

もともと脳梗塞後で嚥下機能が低下ており、その後発熱、咳嗽のあった誤嚥性肺炎を疑う病歴。
病理解剖の結果、炎症細胞浸潤と食物残渣あり。