国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 B問題 1 難易度A

我が国の人口静態(平成 23 年度)で正しいのはどれか。
a 総人口は 6,218 万 4 千人である。
b 総人口に占める男性の割合は女性より多い。
c 15 歳未満の人口は 1,000 万人を超えていない。
d 生産年齢人口が総人口に占める比率は 40 %である。
e 老年人口(65 歳以上)は総人口の 21 %を超えている。

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 B問題 2 難易度B

公費医療の対象とならないのはどれか。
a 生活保護法による医療扶助
b 労働基準法による業務上疾病の治療
c 麻薬及び向精神薬取締法による措置入院
d 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律による措置入院
e 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律による結核患者の入院

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 B問題 3 難易度D

健康保険法に基づく療養の給付の一環として保険調剤業務を取り扱う薬局をこの法律で何と呼ぶか。
a 院外薬局
b 基準薬局
c 処方薬局
d 調剤薬局
保険薬局

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 B問題 4 難易度A

労働者災害補償保険について正しいのはどれか。
休業補償給付は含まれない。
b 通勤中の負傷は補償対象になる。
c 保険料は労働者が全額負担する。
d 医療費の自己負担割合は 3 割である。
e 業務上の疾病を認定するのは産業医である。

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 B問題 5 難易度B

小学校の健康診断について正しいのはどれか。
a 隔年で実施される。
b 聴力検査は含まれない。
c 胸部エックス線撮影を行う。
d 心エコー検査は必須項目である。
学校保健安全法に基づいて行われる。

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 B問題 6 難易度C

最近 5 年間の我が国の年間妊産婦死亡数はどれか。
a 約 50 人/年
b 約 100 人/年
c 約 200 人/年
d 約 500 人/年
e 約1,000 人/年

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 B問題 7 難易度C

ヒト造血幹細胞について誤っているのはどれか。
a 多分化能を有する。
b 自己複製能を有する。
c 胎生期初期は骨髄に存在する。
d 細胞表面抗原は CD34 陽性である。
e G-CSF の投与により末血中に増加する。

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 B問題 8 難易度A

大気汚染に係る環境基準の対象物質はどれか。
a 鉛
b カドミウム
c 二酸化硫黄
d アルキル水銀化合物
e ポリビニルアルコール

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 B問題 9 難易度A

脳の前額断面写真(別冊 No. 1)を別に示す。
長方形で囲まれた部位はどれか。
B9.jpg
a 海 馬
b 黒 質
c 被 殻
d 線条体
e 視床下部

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 B問題 10 難易度C

レム〈REM〉睡眠に関して正しいのはどれか。
a 入眠直後に多い。
b 高齢者では減少する。
c 抗重力筋の緊張が亢進する。
d 脳波で高振幅徐波を認める。
e 緩徐な眼球運動が特徴である。

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 B問題 11 難易度A

授乳婦、新生児の栄養について正しいのはどれか。
a 成乳の熱量は初乳より高い。
b 新生児の哺乳回数は 1 日 4 回である。
c 授乳婦の葉酸摂取推奨量は妊婦より多い。
d 母乳のビタミン K 含有量は人工乳より多い。
e 授乳婦の推定エネルギー必要量には付加量を加えない。

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 B問題 12 難易度A

※※と※※の両方がリスクファクターとなるのはどれか。
※スポンサー対応で自主規制 リンク:厚生労働省 
a 胃 癌
b 結腸癌
c 食道癌
d 皮膚癌
e 子宮体癌

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 B問題 13 難易度C

後天性免疫不全症候群〈AIDS〉の指標疾患に含まれるのはどれか。
a 胃 癌
b 乳 癌
c 卵巣癌
d 大腸癌
e 子宮頸癌

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 B問題 14 難易度A

我が国の精神保健福祉について正しいのはどれか。
a 自殺者数は男性よりも女性の方が多い。
b 精神疾患は医療法に基づく医療計画の 5 疾病に含まれる。
c 精神障害は障害者の雇用の促進等の法律の対象とならない。
d 精神科の人口当たり入院病床数は他の OECD 諸国に比べて少ない。
e 精神疾患の自立支援医療費の支給は維持治療期になれば中止される。

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 B問題 15 難易度D

高齢者総合機能評価〈CGA〉の構成要素とその評価項目の組合せで正しいのはどれか。
a 認知機能 ――――――――― 遅延再生
b 運動機能 ――――――――― 言語流暢性
c 気分・意欲 ―――――――― 時間の見当識
d 手段的日常生活動作 ―――― 階段昇降
e 基本的日常生活動作 ―――― 食事の準備

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 B問題 16 難易度D

電子顕微鏡による病理検査の組織固定法で最も適切なのはどれか。
a アセトン固定
b アルコール固定
c 乾燥固定
d グルタールアルデヒド固定
e ホルマリン固定

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 B問題 17 難易度C

生後 1 週以内の新生児において PIVKA-Ⅱを測定すべき症候はどれか。
a 下 痢
b 黄 疸
c 吐 血
d 多呼吸
e チアノーゼ

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 B問題 18 難易度A

肝動脈化学塞栓療法の適用を決める際に最も注意すべき病歴はどれか。
a 緑内障
b 脂質異常症
c ペースメーカ植込み術
d 慢性閉塞性肺疾患〈COPD〉
e ヨード造影剤によるショック

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 B問題 19 難易度A

緩和医療における全人的苦痛について正しいのはどれか。
a 社会的苦痛への対応を優先する。
b 精神的苦痛には傾聴が有効である。
c 家族内問題による苦痛には対応しない。
d スピリチュアルペインは身体的苦痛として対応する。
e 身体的苦痛にはオピオイドの急速静注が必要である。

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 B問題 20 難易度C

合計特殊出生率周産期死亡率、出生時の平均体重、低出生体重児の出生割合、複産〈多胎〉の出生割合を図に示す。それぞれ 1990 年における数値を 100 %としたときの 2010 年までの変化である。
合計特殊出生率はどれか。
B20.jpg

▼解答はこちら