国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

えんコレ:遠隔診療コレクション

“えんコレ”は、最新の遠隔診療情報を集めたサイトです。
遠隔診療情報はコレで決まり! 遠隔診療コレクション!
→http://telemedicine.co.jp/



遠隔診療業界を牽引するトップランナーのページに 
・五十嵐 健祐 先生(お茶の水内科院長 循環器内科医)
・物部 真一郎 先生(exMedio社社長 精神科科医)
を追加しました。
→協力医師紹介

Facebookページもお願いします。
えんコレFacebookページ

スポンサーサイト



≫ EDIT

PORT メディカル

ついに国内で遠隔診療のDtoP(Doctor to Patient)スタート。
家でも医師から診療サービスを受けることができる。 対象疾患は高血圧、尿酸値、脂質異常症、喫煙、肥満、飲酒。
診断・処方・医薬品の配達まで。
※α版が休止 2016年春 β版公開予定とのことです。
http://port-medical.jp/packages/detail

PORT メディカルついに国内で遠隔診療のDtoP(Doctor to Patient)スタート。家でも医師から診療サービスを受けることができる。 対象疾患は高血圧、尿酸値、脂質異常症、喫煙、肥満、飲酒。 診断・処方・医薬品の配達まで。 http://port-medical.jp/packages/detail

Posted by えんコレ(遠隔診療・遠隔医療・telemedicine) on 2015年12月24日

≫ EDIT

循環器診療における遠隔モニタリングの有用性

「浅草」で遠隔医療、患者への橋を架ける
モバイル型12誘導心電計「smartheart」を活用、浅草ハートクリニック(2015年7月に開設)院長 真中哲之先生 の記事
◆スマートハート(smartheart)
12誘導の個人用心電計
持ち運び可能な110g
胸に巻いて測るだけの簡単操作
メール送信機能付
24時間365日のフィードバックサービス(有料オプション)
http://techon.nikkeibp.co.jp/…/fea…/15/102500005/113000016/…


循環器診療における遠隔モニタリングの有用性「浅草」で遠隔医療、患者への橋を架ける モバイル型12誘導心電計「smartheart」を活用、浅草ハートクリニック(2015年7月に開設)院長 真中哲之先生 の記事◆スマートハート(...

Posted by えんコレ(遠隔診療・遠隔医療・telemedicine) on 2015年12月24日

≫ EDIT

フィンランド、国民全員にベーシックインカムを支給へ

フィンランドが国民全員に非課税で1カ月800ユーロ(約11万円)のベーシックインカムを支給する方向で調整中。最終決定は2016年11月までに行われる。
総予算は522億ユーロ(約7兆円)にも及ぶこととなるが、社会福祉制度をベーシックインカムに一本化することにより、間接的な費用の支出抑制が期待される。

フィンランド、国民全員にベーシックインカムを支給へフィンランドが国民全員に非課税で1カ月800ユーロ(約11万円)のベーシックインカムを支給する方向で調整中。最終決定は2016年11月までに行われる。総予算は522億ユーロ(約7兆円)...

Posted by えんコレ(遠隔診療・遠隔医療・telemedicine) on 2015年12月24日

≫ EDIT

往診医をスマホで予約

アプリから往診医を予約できるようになったことに加え、インターネット上で医師の診察やコンサルテーションを受けられる「遠隔診療サービス」も、オンデマンドサービスの一つとして注目を集めている。
ビデオチャット形式「Taladac」や「Doctor on Demand」
チャット形式:「First Opinion」や「Curely」
一部のサービスは保険も適応されている。
2015年8月に遠隔診療の解釈に関する厚生労働省の通達が出されたことを受け、今後は相談だけでなく診療を提供するサービスが増加することが期待される。


・往診医をスマホで予約アプリから往診医を予約できるようになったことに加え、インターネット上で医師の診察やコンサルテーションを受けられる「遠隔診療サービス」も、オンデマンドサービスの一つとして注目を集めている。ビデオチャット形式「...

Posted by えんコレ(遠隔診療・遠隔医療・telemedicine) on 2015年12月26日

≫ EDIT

テレメディスン

テレメディスン(遠隔医療)「テレ(遠隔)」+「メディスン(医療)」の略。
「通信技術を活用した健康増進、医療、介護に資する行為」を言います。
Doctor to Doctor (D to D)が主に実用化されてきました。
これからはさらに病院間のつながりを強くしていくと共に、Doctor to Patient (D to P)が進化して、我々の生活に浸透していきそうです。


・テレメディスンとはテレメディスン(遠隔医療)「テレ(遠隔)」+「メディスン(医療)」の略。「通信技術を活用した健康増進、医療、介護に資する行為」を言います。Doctor to Doctor (D to D)が主に実用化されてきま...

Posted by えんコレ(遠隔診療・遠隔医療・telemedicine) on 2015年12月26日