国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

100回 B問題 44

ネフローゼ症候群を呈するのはどれか。

a アミロイド腎症
b 良性腎硬化症
c 慢性間質性腎炎
d Bartter症候群
e Liddle症候群

▼解答はこちら  

≫ EDIT

96回 H問題 32

Crohn病に特徴的な所見はどれか。3つ選べ
a 縦走潰瘍
b 敷石像
c 結腸鉛管像
d 陰窩膿瘍
e 非乾酪性肉芽腫

▼解答はこちら  

≫ EDIT

107回 D問題 18

病歴と疾患の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。
a 同性愛   -  ニューモシスチス肺炎
b 温泉旅行   -  クラミジア肺炎
c 鳥類の飼育   -  マイコプラズマ肺炎
d アルコール依存   -  レジオネラ肺炎
e 産褥期のネコとの接触   -  Q 熱

▼解答はこちら  

≫ EDIT

105回 B問題 8

慢性GVHDの皮膚症状はどれか。
a 扁平苔癬
b 結節性紅斑
c 尋常性乾癬
d 中毒性表皮壊死症
e Stevens-Jonson症候群

▼解答はこちら  

≫ EDIT

99回 A問題 5

99A5.jpg

▼解答はこちら  

≫ EDIT

106回 D問題 11

左眼底写真別冊No. 4を別に示す。右眼も同様の所見を認める。
この疾患で認められる可能性が高いのはどれか。
a 夜 盲
b 高眼圧
c 低血圧
d 視野異常
e 色覚障害
106D11.jpg

▼解答はこちら  

≫ EDIT

107回 A問題 4

急性肺血栓塞栓症のリスクファクターでないのはどれか。
a るいそう
b 長期臥床
c 悪性腫瘍
d プロテイン C 欠乏症
e 中心静脈カテーテル留置

▼解答はこちら  

≫ EDIT

103回 I問題 35

組み合わせで正しいものはどれか。2つ選べ。

a 中枢性尿崩症  -  低張性脱水
b リンパ球性下垂体前葉炎  -  妊娠出産期
c 視床下部腫瘍  -  尿崩症
d Cushing病  -  蛋白同化作用亢進
e 先端巨大症  -  同名半盲

▼解答はこちら  

≫ EDIT

102回 I問題 73 

102I722.jpg
102I731.jpg

▼解答はこちら  

≫ EDIT

107回 B問題 38

前立腺癌の原発巣に対して根治的放射線治療として行われるのはどれか。2つ選べ。
a 腔内照射
b 組織内照射
c 電子線治療
d 強度変調放射線治療
e 放射性同位元素内用療法

▼解答はこちら  

≫ EDIT

100回 A問題 40

100I40.jpg
100I401.jpg

▼解答はこちら  

≫ EDIT

106回 D問題 31

42 歳の女性。3日前から出現した呼吸困難を主訴に来院した。5年前に全身性エリテマトーデスと診断され、副腎皮質ステロイドによる治療を受けている。身長154 cm、体 重 45 kg。体 温 38.8 ℃。脈 拍 104/分、整。血 圧 128/68 mmHg。呼 吸数 25/分。胸部全体に軽度の fine crackles を聴取する。赤沈 68 mm/時間。
血液所見:赤血球 328 万、Hb 9.8 g/dl、Ht 27 %、白血球 11,800(桿状核好中球 35 %、分葉核好中球 52 %、好塩基球1%、単球7%、リンパ球5%)、血小板 32 万。血液生化学所見:総蛋白 6.8 g/dl、アルブミン 3.2 g/dl、尿素窒素 28 mg/dl、クレア
チニン 0.9 mg/dl、AST 43 IU/l、ALT 59 IU/l、LD 423 IU/l(基準 176〜353)、IgG800 mg/dl (基準 960〜1,960)。免疫学所見:CRP 7.1 mg/dl。β-D-グルカン 585pg/ml(基準 10 以下)。抗核抗体 40 倍(基準 20 以下)。CH50 39 U/ml(基準 30〜40)。
動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH 7.48、PaCO2 29 Torr、PaO2 50 Torr、HCO3- 21 mEq/l。
胸部単純 CT別冊No. 10を別に示す。
治療薬として適切なのはどれか。
a ST 合剤
b イソニアジド
c ゲンタマイシン
d エリスロマイシン
e シクロホスファミド
106D31.jpg

▼解答はこちら  

≫ EDIT

106回 D問題 41

58 歳の男性。1か月前からの下腿の浮腫を主訴に来院した。5年前に健康診断
で糖尿病と高血圧症とを指摘されたため、自宅近くの診療所で食事療法の指導を受
け、経口糖尿病薬とカルシウム拮抗薬とを処方されている。眼底検査で明らかな異
常を指摘されていないという。意識は清明。身長 166 cm、体重 70 kg。体温 36.4
℃。脈拍 84/分、整。血圧 142/88 mmHg。呼吸数 14/分。眼瞼と下腿とに浮腫を
認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。神経学的所見に異常を認めない。尿所
見:蛋白(3+)、潜血(+)、沈渣に赤血球 1〜4/1視野、白血球 1〜4/1視野。
血液所見:赤血球 480 万、Hb 15.1 g/dl、Ht 46 %、白血球 5,000、血小板 30 万。
血液生化学所見:空腹時血糖 98 mg/dl、HbA1c 6.0 %(基準 4.3〜5.8)、総蛋白
4.6 g/dl、アルブミン 2.5 g/dl、尿素窒素 16 mg/dl、クレアチニン 0.9 mg/dl、総
コレステロール 300 mg/dl。腎生検の PAM 染色標本(別冊No. 14)を別に示す。
治療として適切なのはどれか。
a 免疫抑制薬の投与
b ワルファリンの投与
c インスリン治療の導入
d 副腎皮質ステロイドの経口投与
e アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬の投与
106D41.jpg

▼解答はこちら  

≫ EDIT

103回 A問題 47

24歳の男性。2日前から急激に増強する嚥下ツウと開口障害とを主訴に来院した。1週間前から咽頭痛を自覚していた。
体温38.4度。白血球12800。CRP5.7mg/dl。咽頭所見(別冊No.16A)と頸部造影CT(別冊No.16B)とを別に示す。
直ちに行うのはどれか。2つ選べ。
a 生検
b 気道確保
c 切開排膿
d 抗菌薬投与
e 中心静脈栄養
103A47.jpg

▼解答はこちら  

≫ EDIT

104回 D問題 44

48歳の女性。乳がん検診で異常を指摘され来院した。視診で異常を認めない。
触診で右乳房上外側領域に2cm大の腫瘤を認める。マンモグラフィ(別冊No.15)を別に示す。
まず行うのはどれか。
a 乳管造影
b 乳房超音波検査
c 乳管内視鏡検査
d 穿刺細胞診検査
e ポジトロンエミッション断層撮影(PET)
104D44.jpg

▼解答はこちら  

≫ EDIT

105回 G問題 57

105G57.jpg

▼解答はこちら  

≫ EDIT

106回 I問題 24

耳鏡所見別冊No. 5 ①〜⑤を別に示す。
急性中耳炎の所見と考えられるのはどれか。
106I24.jpg

▼解答はこちら  

≫ EDIT

107回 G問題 32

公費医療について規定されているのはどれか。つ選べ。
a 健康増進法
b 生活保護法
c 母体保護法
d 労働安全衛生法
e 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律感染症法

▼解答はこちら  

≫ EDIT

105回 E問題 4

労働者災害補償保険(労災保険)について誤っているものをはどれか。
a 通勤災害は対象となる。
b 業務上災害は対象となる。
c 人間ドックは対象となる。
d 遺族は給付対象である。
e パート職員は給付対象である。

▼解答はこちら