国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 E問題 1 難易度B

我が国の男性におけるある疾患の人口 10 万人あたりの死亡率の推移を年齢階級別に示す。この疾患はどれか。
E1.jpg
a 結 核
b 糖尿病
c 悪性新生物
d 脳血管疾患
e 急性心筋梗塞

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 E問題 2 難易度A

国民医療費(平成 22 年度)で正しいのはどれか。
a 年間 30 兆円を超える。
b 介護保険の費用が含まれる。
c 国民所得比は 15 %を超える。
d 財源別では患者負担が 30 %を超える。
e 制度別では後期高齢者医療給付分が 50 %を超える。

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 E問題 3 難易度B

訪問看護ステーションについて正しいのはどれか。
a 介護保険が利用できる。
b 40 歳未満は利用できない。
c 全国に約 50 か所設置されている。
d 管理者は医師でなければならない。
e 医師の指示書なしで訪問看護を利用できる。

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 E問題 4 難易度C

医療計画の内容として最も適切なのはどれか。
a 日常生活圏域の設定
b 老人福祉施設の整備の推進
c 特定健康診査の実施率の向上
d 地域連携クリニカルパスの普及
e 医療費の効率的な提供に関する達成目標の設定

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 E問題 5 難易度C

厚生労働省の患者調査(平成20年)による重症度の状況にみた推計入院患者の構成割合において、「生命の危険がある」患者の割合はどれか。
a 約 5 %
b 約 15 %
c 約 25 %
d 約 35 %
e 約 45 %

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 E問題 6 難易度A

新生児マススクリーニングの対象疾患に含まれないのはどれか。
a 胆道閉鎖症
b ガラクトース血症
c フェニルケトン尿症
d 先天性副腎皮質過形成
e 先天性甲状腺機能低下症

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 E問題 7 難易度A

食事バランスガイドのイラスト(別冊 No. 1)を別に示す。説明として適切なのはどれか。
a 「糖尿病患者の献立がわかります」
b 「食材を無駄にしないために使います」
c 「検査のための食事の選択に利用します」
d 「日常の活動に見合った運動がわかります」
e 「何をどれだけ食べたらよいか示しています」
 E-7 13

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 E問題 8 難易度B

産業医について正しいのはどれか。
a 処方箋の発行はできない。
b 労働基準法に定められている。
c 選任後は地域の保健所に届け出る。
d 週 1 回は職場巡視をする義務がある。
e 労働者 50 人以上の事業所では選任が義務付けられている。

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 E問題 9 難易度B

角膜内皮細胞の機能はどれか。
a 感染の防止
b 房水の取込み
c 屈折力の増強
d 角膜実質の再生
e 角膜透明性の維持

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 E問題 10 難易度A

成人の栄養状態の評価において有用性が低いのはどれか。
a 腹 囲
b 血小板数
c 血清アルブミン値
d BMI〈Body Mass Index〉
e 血清総コレステロール値

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 E問題 11 難易度B

新生児の体液生理について正しいのはどれか。
a 尿濃縮力は成人と同程度である。
b 細胞内液量は細胞外液量より多い。
c 尿細管の Na 再吸収能は成人より低い。
d 体重当たりの不感蒸泄量は成人より多い。
e 出生後の生理的体重減少は 15 %程度である。

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 E問題 12 難易度B

出産、育児と就労について正しいのはどれか。
a 妊婦健康診査は就業に差し支えない範囲で行う。
b 産前休暇は任意の時期に取得できる。
c 育児休業制度は女性のみが対象である。
d 育児のために就業時間を短縮することができる。
e ほとんどの女性が出産後も就労を継続している。

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 E問題 13 難易度C

疾患と検査の組合せで正しいのはどれか。
Behçet 病 ―――――――――――――― 皮膚描記法
b アナフィラキシー ―――――――――― 皮内テスト
c アレルギー性鼻炎 ―――――――――― プリックテスト
若年性特発性関節炎〈JIA〉―――――― パッチテスト
全身性エリテマトーデス〈SLE〉―――― 針反応

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 E問題 14 難易度C

妊娠中の放射線被ばくについて正しいのはどれか。
a 胎児の奇形発生には閾〈しきい〉線量がある。
b 妊婦の内部被ばくでは胎児への影響はない。
c 妊娠早期の被ばくは人工妊娠中絶の適応となる。
d 胎児の奇形発生リスクは妊娠後期の被ばくで高い。
e 出生後の精神発達遅滞の発症リスクは妊娠後期の被ばくで高い。

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 E問題 15 難易度C

介護保険制度における障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)の判定に用いる項目はどれか。
a 外 出
b 失 禁
c 徘 徊
d 金銭管理
e コミュニケーション

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 E問題 16 難易度A

生後 1 日の新生児の診察に含まれないのはどれか。
a 心音の聴取
b 筋緊張の確認
c 大泉門の診察
d Moro 反射の確認
e 膝蓋腱反射の確認

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 E問題 17 難易度A

心機能検査について正しいのはどれか。
a Holter 心電図は胸部 6 誘導で行う。
b 心エコー検査は明るい検査室で行う。
c 心臓電気生理学的検査〈EPS〉は病室で行う。
d 12 誘導心電図の胸部誘導 V1 は胸骨右縁第 2 肋間に電極を付ける。
e トレッドミル運動負荷心電図では負荷中も連続的に心電図をモニターする。

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 E問題 18 難易度D

物忘れを主訴に来院した 70 歳男性の頭部 MRI(別冊 No. 2)を別に示す。
この画像はどれか。
T1 強調像
T2 強調像
FLAIR 像
拡散強調像
e プロトン密度強調像
E-18 13

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 E問題 19 難易度A

内視鏡治療と使用する機器の組合せで正しいのはどれか。
a 食道狭窄の拡張術 ―――――――― バルーン
食道静脈瘤の止血術 ――――――― 高周波ナイフ
c 胃内異物の除去術 ―――――――― クリップ
d 消化性潰瘍の止血術 ――――――― スネア
e 早期胃癌の粘膜下層剝離術 ―――― バスケット鉗子

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 E問題 20 難易度D

国際生活機能分類(2001 年)における生活機能はどれか。
advantage
disability
handicap
d impairment
participation

▼解答はこちら