国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 D問題 1 難易度B

アルコール依存症の治療について適切なのはどれか。
断酒会は匿名参加が原則である。
b 断酒より容易な節酒を目標とする。
c 離脱症状にベンゾジアゼピン系薬を投与する。
d 脳症の予防としてビタミン D を大量に投与する。
e 抗酒薬を患者に知らせず家族に食事に混ぜさせる。

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 D問題 2 難易度C

網膜芽細胞腫について正しいのはどれか。
a 男児に多い。
b 良性腫瘍である。
c 学童期にみられる。
d 石灰化がみられる。
e 結膜充血がみられる。

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 D問題 3 難易度A

サルコイドーシスで治療の対象とならないのはどれか。
a 骨病変
b 神経病変
c 高カルシウム血症
d 完全房室ブロック
e 両側肺門リンパ節腫脹

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 D問題 4 難易度C

肺高血圧を伴わないのはどれか。
強皮症
肺血栓塞栓症
僧帽弁狭窄症
急性心筋梗塞
e 心タンポナーデ

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 D問題 5 難易度B

ダイナミック CT の動脈相(別冊 No. 1)を別に示す。
この患者の肝細胞癌の主たる占拠区域はどれか。
a 尾状葉
b 右葉前区域
c 右葉後区域
d 左葉内側区域
e 左葉外側区域
D5.jpg

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 D問題 6 難易度B

高齢者の複雑部分発作の治療薬として最も適切なのはどれか。
バルプロ酸
ジアゼパム
クロナゼパム
カルバマゼピン
フェノバルビタール

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 D問題 7 難易度C

Wiskott-Aldrich 症候群でみられるのはどれか。
a 血 便
b 口蓋裂
小脳失調
テタニー
e 毛細血管拡張

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 D問題 8 難易度B

Creutzfeldt-Jakob 病が疑われる患者の脳外科手術に用いた金属器具の滅菌法で最も適切なのはどれか。
a 蟻酸浸漬
b ポビドンヨード液浸漬
c 通常のオートクレーブ法
d グルタールアルデヒド浸漬
e ドデシル硫酸ナトリウム〈SDS〉煮沸

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 D問題 9 難易度D

適応障害に含まれるのはどれか。
a 気分変調症
b 短期抑うつ反応
c うつ病エピソード
急性ストレス障害
外傷後ストレス障害

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 D問題 10 難易度A

味覚検査で異常を示した領域(別冊 No. 2 ①~⑤)を別に示す。
左中耳手術後に味覚障害を生じた患者でみられるのはどれか。
D10.jpg

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 D問題 11 難易度A

内痔核について正しいのはどれか。
a 直腸癌の合併が多い。
b 排便時痛が特徴である。
c 歯状線の肛門側に発生する。
d 基本術式は痔核核出術である。
e 3 時、 7 時、11 時方向に好発する。

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 D問題 12 難易度D

造血器腫瘍細胞の染色体検査写真(別冊 No. 3)を別に示す。
この異常を生じるのはどれか。
D12.jpg
a 濾胞性リンパ腫
b 慢性骨髄性白血病
c 急性骨髄性白血病(M 2 )
d マントル細胞型リンパ腫
e 急性前骨髄球性白血病(M 3 )

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 D問題 13 難易度D

約 3 年前から転びやすくなった 68 歳の男性で、筋強剛と立ち直り反射障害があるが振戦はなく頭部 MRI では異常を認めない。最も考えられるのはどれか。
Parkinson 病
多系統萎縮症
正常圧水頭症
進行性核上性麻痺
大脳皮質基底核変性症

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 D問題 14 難易度B

職場での心理的負荷による精神障害について、ストレスの度合いが最も強いと考えられるのはどれか。
a 顧客から無理な注文を受けた。
b 同僚に資料の落丁を指摘された。
c 達成困難な業績目標を設定した。
d 大きな説明会で発表せざるを得なくなった。
e 顧客に 2 か月以上の入院を要する怪我を負わせた。

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 D問題 15 難易度B

胎児肺低形成を伴うのはどれか。 2 つ選べ。
a 食道閉鎖
Potter 症候群
c 十二指腸閉鎖
完全大血管転位症
先天性横隔膜ヘルニア

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 D問題 16 難易度C

骨髄異形成症候群の予後の指標となるのはどれか。 2 つ選べ。
a 血清 LD 値
b 染色体異常
c 血球形態異常
d 骨髄芽球比率
e 網状赤血球数

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 D問題 17 難易度A

先天性副腎皮質過形成(21α-hydroxylase 欠損症:塩喪失型)の検査所見として考えられるのはどれか。 2 つ選べ。
a ACTH 高値
b 低カリウム血症
c 低カルシウム血症
d 低ナトリウム血症
e 代謝性アルカローシス

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 D問題 18 難易度A

腹部造影 CT(別冊 No. 4)を別に示す。この患者の血液検査項目で低値と予想されるのはどれか。 2 つ選べ。
D18.jpg
a アルブミン
b アンモニア
c γ-グロブリン
d 血小板
e 総ビリルビン

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 D問題 19 難易度C

神経性食思不振症について正しいのはどれか。 3 つ選べ。
a 強迫行為を示すものが多い。
b 安静時にも頻脈であることが多い。
c 過食・嘔吐を伴うものは含まない。
d 抑うつの合併が高率に認められる。
e 我が国では 10 年以内に約 10 %の患者が死亡する。

▼解答はこちら  

≫ EDIT

108回 D問題 20 難易度C

8 歳の男児。学校へ行きたがらないことを主訴に母親に連れられて来院した。成績は中程度であるものの文字を書くことが苦手で、特に漢字を見本通りに書き写すことができない。このために教師や親から叱責されることが多くなり学校に行きたがらなくなった。友達関係に問題なく、運動も普通にできる。手先はやや不器用であるものの神経学的診察で他に異常を認めない。この疾患について誤っているのはどれか。
a 男児に多い。
b 知能は正常範囲であることが多い。
c 注意欠陥多動性障害の合併が多い。
d 成人まで基本症状は持続することが多い。
e 作業に真剣に取り組ませると書字は改善することが多い。

▼解答はこちら